タンパク質を筋肉に変えるためのポイント

【タンパク質を筋肉に変えるためのポイント】





プロテインを飲んだりサラダチキンを食べることが筋肉を付けるためには効果的!

そう思いプロテインやサラダチキンを摂取する方は多いかと思います。


同じタンパク質を摂取するにしても取るタイミングや一緒に摂るといい物を知っておくだけで効果は倍以上違います!

今回は、タンパク質を筋肉に変えるためのポイントをご紹介いたします。



【1】糖質と一緒に摂取





糖質=悪者、という考えはもう古いのです。


運動後に糖質とタンパク質を同時に摂取する事で、インスリンが分泌されます。

インスリンは筋肉に糖が入りやすい状態を作り、同時にタンパク質も大量に筋肉中に入っていきます。


運動後はタンパク質+糖質の組み合わせが効果的です!



【2】ビタミンB6を摂ろう!





ビタミンB6はタンパク質(アミノ酸)の代謝を助ける働きを持ちます!

ビタミンB6は、ニンニク、ブロッコリー、玄米などに多く含まれます。




【3】タンパク質の種類でも吸収力が違う!





タンパク質には動物性と植物性の2種類があります。

動物性が、ホエイ、カゼイン、卵

植物性が、大豆、小麦です。


ホエイ→卵→カゼイン→大豆→小麦の順に吸収力が高いです!


動物性の方が吸収力は高いです。

植物性は吸収にかかる時間は長いですが、動物性よりも脂肪燃焼効果は高いと言われています。





今回はタンパク質を効率的に筋肉に変えるポイントをご紹介させていただきました!

また、タンパク質は朝が他の時間帯に比べ吸収力が高いです。

朝に食欲がない方はプロテインだけでも飲んでみてください。


HAKWGYMでは各クラス無料体験受付中です!

【お問い合わせ】 Mail:hawkgym5027@gmail.comh #金沢キックボクシング#金沢キックボクシングジム#金沢パーソナルトレーニング#金沢パーソナルトレーニング#筋トレ#シェイプアップ#減量#ダイエット#トレーニング#HawkGymg

閲覧数:16回0件のコメント