top of page

ご飯を〇〇すだけで脂肪がつきにくくなる⁈

【ご飯を〇〇すだけで脂肪がつきにくくなる!】




ダイエット中に食べたくなるもの、それは「お米」ではないでしょうか?

ダイエット中に買う質制限をして炭水化物を減らしてみたものの、結局空腹感に負けてイライラからたくさん食べてしまう...なんてことも多くあると思います。


今回は、脂肪がつきにくくなるご飯の食べ方についてご紹介いたします!



【〇〇すると脂肪がつきにくい?】




先に正解を言うと、「ご飯を冷やして食べる」ことです!

この冷やしたご飯を食べるだけで脂肪がつきにくくなりダイエット食に大変身するのです!


ご飯を冷ますことでご飯に含まれているデンプンが【レジスタントスターチ】に変わるのです。

このレジスタントスターチとは簡単に説明すると消化されにくいデンプンのことで、消化吸収を緩やかにしてくれます。



【レジスタントスターチの効果】




レジスタントスターチを摂取することで得られる効果は、


・血糖値の上昇を抑制

・空腹感の抑制

・摂取カロリーの低下

・腸内細菌の餌になるので代謝の向上


このような嬉しい効果が期待できます!


レジスタントスターチは常温で60分間ほどおくと増えやすいそうです♪

これはご飯に限らずイモ類や穀物などでも働きます!




今回は「脂肪がつきにくくなるご飯の取り方」についてご紹介させていただきました!

ご参考にしていただけると嬉しいです。



HAWKGYMでは各クラス無料体験受付中です!

ご興味のある方は是非お越しください♪





#レジスタントスターチ#金沢キックボクシングジム#金沢パーソナルジム#金沢パーソナルトレーニング#デンプン#ダイエット#HAWKGYM#ホークジム#RIZIN#RISE#キックボクシング#減量#プロテイン#プロテインダイエット#シェイプアップ#痩せる





閲覧数:17回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page